忍者ブログ
主に日々の出来事・プロ野球・カラオケネタのブログを書いています。また美容・健康・レディース商品・メンズ商品・家電・PC関連・インテリア・雑貨・旅行関連・飲料・食品・ペット用品・CD・DVD・ゲーム・書籍・スポーツ用品・アウトドア関連・ギフト・ガーデニング・自動車&バイク関連・資格&講座・通信関連・ポイントサービス・ギャンブル・投資関連商品も紹介しています。ぜひご活用ください(^◇^)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



少々時間が経ってしまいましたが…。
偉大な野球選手がまたひとり…。

もう厳しいんじゃないか、引退も時間の問題だろうなとは思っていましたが発表されるとやはり寂しいものです。
なんだか心にポッカリ穴が空いたように思えましたね。

最近では古田、立浪、清原が引退した時と同じような気持ちになりました。

広島時代はちょうど同じ野手では野村や前田、緒方、江藤あたりが出てきていて「お、また広島に一人レギュラーの選手が出てきたか、やっぱ広島は選手を育てるのがうまいなぁ」という感じでした。
他の主力が故障の多いメンツだったというのもあったと思いますが(汗)、ケガをしてるのに何ともないような表情で試合に出続ける根性は尋常ではないなと広島時代から思っていました。

阪神に移ってからは「FA移籍した選手は活躍しない」というジンクスも見事に打ち破り、いきなり阪神優勝の原動力になりました。
その後も彼なしでチームが成り立たないというぐらいの大きな存在になりました。FA移籍して移籍先のチームの選手というイメージを完全に植え付けたのって彼が初めて?ではないでしょうか。
フルイニングの世界記録、これは個人的には国民栄誉賞モンだろうと思ってます。
「ケガしても何が何でも試合に出る」という姿を見て「この人はどんだけ野球が好きなんだろうか」と感心しきりでした(^^ゞ

ここでアップしたのは引退セレモニーですが、この試合で盗塁をしたというのがなかなか粋なことするなと思いました。確かに意外に盗塁はしていたんですがバッティングでならしてきた選手が最終戦で走るという、この姿はけっこうジーンときました(;O;)
セレモニーでは相手のベイスターズのことを言葉にしたのは驚きでした。阪神というチームは非常に記事にされやすく、誤解を招くような報道が流れることが多かったためか口をつぐんでいた感はあったのですが、このスピーチを聞いていると視野が広い人なんだなと思わされました。自分のため、チームのため、そして野球界のため…。
ちなみにセレモニーのあと阪神ファンから「DeNAコール」が巻き起こっていました(笑)

重度のケガでの引退なので、これからのリハビリもしんどいんだろうなと思います。セレモニーの後の取材で「肩を治したらまた草野球でもなんでも、とにかく野球がしたい」と語っていたそうです。
「野球が好き」という気持ちが打ち立てた世界記録、また記憶にも残る選手でした。

本当にお疲れ様でした。


【エントリーで最大12倍】RAKUWAネックX50阪神タイガース金本選手モデル'10【phiten(ファイテン)】【x50】【チタンネックレス】

価格:3,360円
(2012/10/17 01:47時点)
感想(1件)












PR


この時期になるとどうしてもこの引退というニュースが出てきてしまいますね(-_-;)

中日ドラゴンズでは地味ながら頑張っていた小笠原投手と、信じられないような数々のビッグプレーを見せた英智選手が引退しました。

小笠原は先発ローテーションの谷間や中継ぎなどいろんな状況で投げていたのが印象的でしたね。
便利屋という感じでいいピッチャーでした!(^^)!
レベルの高いピッチャーが多いチームだったのでその存在がかすんでしまっていた感はあるのですが、別のチームにいたらもっともっとたくさんの試合で活躍していたかもしれませんね(^_^;)

英智はこのセレモニーの最後の遠投を見て「ホントもったいない」という一言に尽きます。
規定打席に到達していないのにもかかわらずゴールデングラブ賞を獲ったくらい、守備はものすごいものがありました。
落合前監督の「一年間フルにできる体力があるなら、俺はあいつをセンターでスタメンで使い続ける」という言葉が思い出されます。
ダイビングキャッチ、ものすごいバックホーム、そしてヒーローインタビューでの宇宙人的発言の数々(笑)
サブプレイヤーですが強烈な印象を植え付けた選手でした。
戦力外通告を受けての引退なのですが…もし現役続行表明であったならば他の球団はほしい選手であることには間違いないと思います。

まだまだできるよなぁ(-_-;)


GELL STICKER 中日ドラゴンズ 英智選手コラボモデル ケース付き

価格:2,500円
(2012/10/9 01:07時点)
感想(0件)














もうこの姿が見られないんだよなぁ(;O;)

引退の会見では「悔いはありませんというのは嘘だと思います。悔いだらけの野球人生でした。今会見をしているこの瞬間が一番悔しい」という言葉が印象的でした。

青から赤にユニフォームの色が変わっても、この立ち姿は「これぞ野球選手」というこのオーラはすごいですね。

引退には個人的には「もう限界だろう」と「まだまだやれる」の2つがあると思っているのですが、彼は間違いなく後者でしょう。プレイを見ていて安心感がありますね。なんでやめるんだと。

横浜がなぜ彼を手放したのかは謎ですが、広島に来て良かったと思いますね。24年間の中の4年間しか広島には在籍していないのにこんなに多くのファンに送り出されている姿を見ていると、やはり愛されている選手だなというのと広島ファンの応援のスマートさがたまらないです。
4打席目は涙なくして見られないです(;O;)
できればポストシーズンでも彼のプレイが見たかった…。

コーチ就任を打診されているようですが、ぜひぜひやってもらいたいですね。いい選手も多いので強いカープにしてほしいです。カープが強くなればセ・リーグが盛り上がることは間違いないですし。

ハマスタでの最終戦も楽しみです。
DeNAファンの前でプレイする琢朗、これも涙腺が決壊しそうです。
ホントにホントに24年間お疲れ様でした。


【予約】BBM 石井琢朗 メモリアルベースボールカードセット 2012 -軌跡- ボックス(Box)★11月下旬入荷予定!

価格:3,675円
(2012/10/3 16:59時点)
感想(0件)












今日は久しぶりに目覚まし時計を使わずに寝てみました。
でも睡眠時間を計算するといつもと同じくらい(>_<)
いつもと同じって休みって感じが半減…。

というわけで混戦パ・リーグはついに日本ハムにマジックが点灯しましたね。昨日試合では中田が2本のホームランを打ちました。

「おお、がんばってんじゃん」と思いつつ、今年の中田の成績を見てみました。打点74を稼いでいる反面、得点圏打率.200って数字が意外でした。今のバッティングフォームの方が威圧感を感じますね。ガニ股の構えよりもこっちのほうがしっくりきます(笑)

やはり今年のパ・リーグで意外といえばオリックスの低迷ぶりでしたね。
今年はこんな評論家泣かせな結果になると誰が思ったでしょう。自分も「そらいけるよ」と思っていましたが(^_^;)
これぞまさしく「どんでん返し」(笑)

今年、シーズン通して頑張ってんなぁと思えたのは野手では李大浩とバルディリス、ピッチャーでは木佐貫と平野くらいでしょうか。
金子千尋、寺原、岸田、坂口、大引といった計算できる主力が次々とケガで離脱というのが原因だったと思いますが、試合を見ていて思ったのは覇気がないというか楽しそうに野球やってないように見えたのが一番の原因だったのではないかというのが最大の要因ではないでしょうか。
「ひとつになる」「はつらつとしたプレー」というのがパ・リーグで一番感じなかったチームだったように思えます。

本当?って思ったのが造反劇という記事でした。
チームの状態が悪くなっている頃に岡田監督が主力選手に奮起を促そうとしたが選手から出た「監督がベンチであれこれ言うので選手が萎縮して本当の力が出せません」という発言、 試合前にバッティング練習でコーチがアドバイスした返答が「僕はこれでずっとやってきたんです。そんな練習は必要ありません」。
本当にこれが事実であればちょっと考えもんですね…。
プロとしてどうなんでしょうと。

それ以外にもシーズン終盤、ケガで2軍にいる坂口が2軍の試合でプレイしている姿がバックスクリーンのビジョンに映っていたのを見て監督の口から「ホンマびっくりしたよ、何の報告も聞いとらんかったしな」とアングリ。
首脳陣もひとつになりきれていなかったのかなと。

岡田監督解任の時、シーズン終了までという話が3日後には休養という発表、不可解でした。フロントも何を考えているんだろう。
監督が球場に来たら広報から「今日この(休養と書かれた)紙を報道陣に配るから」と言われそのまま帰宅…。この時の監督も「2、3分やん、まぁ契約やからな」とじつにあっさりしたものでした(笑)
「敗軍の将は兵を語らず」ということはあるでしょうが、造反って記事は100%内容が当たってないにしろ、あながち間違っていなかったのかなぁという感じです。
この事態を受けて選手たちからの「申し訳なかった」というコメントもあんまり見当たりませんでしたし。そらそうよと(笑)

こういう状況を抱えての次の監督は相当な気持ちでチームを変えることができるのか。
選手の能力は高いですし、そんなに主力の他チームへの移籍というのも考えにくいので来年もオリックスに期待してみようと思います。


動くが負け [ 岡田彰布 ]

価格:777円
(2012/9/29 12:48時点)
感想(3件)












いよいよプロ野球の各チーム、20試合前後を残すのみとなりました。
優勝争い、CS進出をかけた闘い盛り上がってきましたね。

少し前の話題になりますが、来年開催される第3回のWBCへの参加を表明しましたね。過去2回ともに日本がチャンピオンになり盛り上がりを見せました。今回も間違いなく盛り上がるでしょう。
収益の問題で当初は「参加しない」ということになっていましたが、最終的にはファンが楽しみにしているというのが決定的な理由で参加表明に至ったのですが…。
ただ個人的には参加はしなくてもいいんじゃん?と思います。

実際WBCに出場をしてプロ野球ファンの拡大にホントにつながっているのか疑問です。その時はみんな食い入るように応援して盛り上がりますが、実際のペナントレースでの観客動員が言うほど伸びてはいないというのも事実で。

参加しなくてもいいという理由はいろいろとあるのですが、まずは選手は飯を食っていないということですかね。彼らはペナントを戦って結果が出た出ない、チームへの貢献度で給料が決まりおまんまにありつける職業なわけで(-_-;)
あとは開催時期も問題だと思います。なんでペナント前の3月なんかにやるんだと。体を作る時期が早まり例年にはない時期に無理やりに全力プレー、そのツケがペナントにきてケガをしてシーズンを棒に振ってしまうというのはちょっと考えものです。
だったら出場国すべてのペナントを開催期間中いったん止めてWBCにファンや球界関係者の目をWBCひとつに集中させたほうがいいと思います。オリンピックのように最高峰の大会なんだという意識を植え付けるべきではないかと。開催するなら全出場国ベストメンバーで挑んでほしいです。

以前ダルビッシュか誰かが言っていましたが、日本ほど他国はWBCで盛り上がっていないようです。どこが優勝したとか知らないプレイヤーもいるくらいだという話はちょっとビックリでした。言われてみればアメリカの選手の顔ぶれを見ても「誰?」ってのがかなりいましたし(-_-;)

なので開催は夏場がいいと思います。そうすれば監督・首脳陣の選考も「現役以外」とかそういう問題も解消されるのでは?

あとは選手や首脳陣の選考方法ももう少し考えたほうがいいかもしれませんね。これといったアイデアはないのですが(-_-;)

いろいろな面から熟考していっても、何かと大人の事情が弊害となって出てくる…だったらやんなくてもいいんじゃん?って感じになってしまうんですよね(-_-;)

以上、三連休最後の夜のつぶやきでした。


WBC戦記―日本野球、連覇への軌跡 (文春文庫)

新品価格
¥660から
(2012/9/19 00:18時点)














20年間、本当にお疲れ様でした。
オリックス時代、レフトの田口とライトのイチローのキャッチボールが鮮明に記憶しています。
あとはメジャーに行ってマイナーから頑張って這い上がって、ワールドシリーズでプレイしていた姿が印象的でした。

会見は開かれましたが、ぜひセレモニーもやってほしいですね。
それとオリックス時代のライト・イチロー、センター・田口、レフト・谷の外野の守備をもう一回だけでも見たいです(;O;)


脇役力 [ 田口壮 ]

価格:735円
(2012/9/13 00:58時点)
感想(8件)












なんで「腹が減る」という現象が起きるのでしょう…。
腹が減るんなら今ある腹周りの余計な肉がエネルギーとしてねん出されるような体のしくみになればいいのに。
そうしたら「ダイエット」なんて世の中に存在しなくなるのに…。
肥満なんて言葉が死語になるのに。
そんなことを最近よく思います。

さてさて、プロ野球も佳境を迎え、パ・リーグにおいては僅差での優勝争いが繰り広げられていますね。
やっているのは人間なのでミスはするのですが、この状況になるとイージーミスが優勝争いにダイレクトに響くという、選手にとっては気の抜けない毎日が続きますね。
あのエラー…。あの一球…。
悔いの残らないように全力でファンを熱くしてほしいですね。

…ガンバレオリックス(笑)
なんで勝てないんだ…いい選手いっぱいいるのに。

一方セ・リーグは巨人で優勝は決まり!!って感じになっているのですが、注目しているのは5位争いです。
ここまで阪神が落ちるとは開幕当初誰が想像していたでしょう。
それを何とか越えようと頑張っているのが横浜DeNA。
ゲーム差が3.5になるといつもズルズル負けてしまう(-_-;)

横浜ベイスターズ時代の編成部の怠慢度合いが今なお色濃く残っている感じはしますね。
足の速い1、2番タイプの選手ばかり(-_-;)
ピッチャーのサウスポーが少なすぎ(-_-;)

今年は親会社が変わって、監督もOBでもなんでもない中畑が就任して、二流だらけではあるものの選手がかなり入れ替わって、どんな野球をするのかなと見ていました。

野手陣に関してはスタメンで出ている選手、サブプレイヤーのレベルが均等化されてきてますね。
個人的には森本稀哲の起用方はいいと思います。こういう使い方もあるんだと。守備が緩慢なラミレスの代わりに試合の終盤で守りに入ったり、調子が悪い選手の代わりにスタメンで使ったり。
彼はおもしろキャラですが、プレイスタイルはいたって地味な選手。外野どこでも守れるので重宝しますね。これは日ハムから獲得しといてよかったですね(^。^)
もったいないなぁってのが下園でしょうか。金城ももちろんいい選手ですがもう少し彼を使ってほしい、と同時にもう少し使い道はないのかなって感じです。

内野手はセカンド、ショートがなかなか固定できないですね。
レベルは決して低くないと思うのですが、「あれを使うとこれが控え」という感じですね。石川はセカンドのほうが向いているかもしれないですが。そうなるとショートは渡辺直人、内村はベンチスタート。でも内村の足を使いたいとなるとセカンド、ショート石川、サード渡辺、ファーストに筒香、となるとノリが漏れる。
じゃあ内村ってショート守れるのか?となってくる。
なかなか小粒ながらけっこう選手はいるのにピースがはまらないという感じですね。
あと梶谷はまだそんなにスタメンで引っ張る選手ではないような気はします、少々荷が重いようにも映ります。

あとはキャッチャーですかね。ここのキャッチャーは他のチームに比べて一息入れにマウンドに歩み寄らないのが気になります。ピッチャーに孤独感を与えてしまうのではないでしょうか。
個人的には高城にどんどん経験を積ませたほうがいいような気もします。

何はともあれ今年のオフシーズンはそうとうなテコ入れをしそうですね。
「えっ?」って思う選手がクビ、もしくは他球団へってのがけっこう出そうですね。
先日引退表明をした石井琢朗のように三浦大輔、金城あたりはそのターゲットにならなければいいのですが。
新球団となってからの初めてのシーズンオフ、相当な模様替えがされそうですね。二軍の選手たちは戦々恐々ではないのでしょうか。
吉村、内藤、清水直行、江尻、新沼…危ないです(-_-;)

横浜ベイスターズ時代からのファンがこの新チームになじむには少々時間がかかるかもしれないですね。
楽天ができた時ほどではないにしろ、「横浜ベイスターズとはまったく違う新しいチーム」という感覚でGM含め編成側は動きをとってくるでしょうね。5年で優勝と言っているくらいですから。


●【横浜DeNAベイスターズ オフィシャルグッズ】 DB.スターマン S (182250) ぬいぐるみ (吉徳/YOSHITOKU)

新品価格
¥1,722から
(2012/9/3 02:34時点)








オリンピック開催のさ中、それも平日のナイターにもかかわらず球場につめかけるファン、本当に野球が好きなんだろうなと思います。
熱心なファンはけっこういるんだなと。
野球は人気低迷と言われますが、まだまだファン人口は多くいることに何だか安心感が(^_-)-☆





これは一週間ほど前の試合で起こった出来事です。
DeNA・山口の投じたストレートが広島・会沢の頭部へ。
このあと球場に救急車が入り、会沢選手が搬送されました。

最近思うのは「危険球退場」の多さ、すなわち頭部へのデッドボールがコールされたのと同数あるという事実です。

右バッターであれば左耳、左バッターであれば右耳を覆うような形のヘルメット、肘当て、レガースと防具をつけてのアットバット。
これが闘争本能ならね逃走本能を鈍らせているのではないかと思ったりします。
昨年から「統一球」に変わって、ピッチャーのコントロールがうまく定まらないというのは聞いたことはありますが、でもそれは時間がその言い訳を許さなくなるような気はするので、やはり打者が「避ける」ということを考えないといけないのではないかと思います。

昔の選手は肘当てやレガースはつけず、耳を覆っていないヘルメットを使用していたためか避けるのがうまかったです。最近の頭部へのデッドボールの映像を見ていると、避けるのではなくむしろボールに向かっていってるようなものもありました。
バッティングの技術の向上ももちろんですが、危険球回避の練習もしないといけないかもですね。

自分も身は自分で守る。
あらためて認識しないといけないですよね、スポーツ選手でない我々も。


カープ公認グッズ iPhone4カバー

価格:2,500円
(2012/8/9 00:28時点)
感想(5件)







今日は一日タモリのうつむき加減で小声で言う「ここでいったんCMでーす」というフレーズが何故だかずっと頭を駆け巡っていました(笑)

しかし先日のイチローのヤンキースへのトレードは衝撃でしたね。
イチローは「トレード拒否権」という、メジャーリ-ガーのごくわずかな選手しか行使することのできない権利を持っているようなのですが、その現状に甘えることなく更なる挑戦をしていくこの行動には脱帽です。
さすがの一言ですね。
会見での言葉に詰まるようなシーンが彼らしくなく(笑)印象的でした。

「ワールドシリーズのチャンピオンはほしいんだろう」というような声もありますが、何だかそれが目的とは思えません。
「若い選手の多いチームに自分はいるべきではない」
「刺激がほしい」
と会見で言っていたのが本音だと思います。
弱いチームでレギュラーが確約されている環境より、スタメンが保証されていない方がさらに高みを目指せるという判断だったと思います。
もしかしたらマイナーからメジャーに這い上がった川﨑の存在もトレードを決めたきっかけになったのかもしれません。

感動的だったのは、発表された日のマリナーズ戦の最初の打席で起こった球場全体のスタンデングオベーションでした。
WBCで日本は2連覇はしましたが、この雰囲気に関しては日本のプロ野球は本場に勝てていませんね(笑)
しっかりとマネできているのはブーイングくらいでしょうか(-_-;)

そして今日、松井秀喜が来年巨人に復帰するという報道がありましたね。
彼は所属していたレイズから戦力外通告を喰らいましたが、巨人復活は反対です。
外野手がパンパンな布陣に松井が入るとなると、過去の先入観から松井をスタメンで使う、という流れになるのが目に見えますね。
長野、亀井、矢野、松本、谷、由伸、加地前、鈴木、大田…、ここに松井。
ちょっと編成面で考えても芸がなさすぎです(-_-;)
もしかしたら今の選手の中には「他の球団に移りたい」って思っている選手がいてもおかしくありません(^^ゞ
「金満球団」ではなく「心満球団」を目指してほしいですね。





今日も巨人が阪神に勝ち、同一カード3連勝となりました。

巨人の投手陣は今年は充実していますね。
若手がなかなか枠に食い込めないじゃんという感も否めませんが…。
この勢いはしばらく続きそうですね(^_^)/

それに対して阪神は全く元気がありません。シーズン当初、阪神は巨人との一騎打ちになると私は予測していましたが、いざ始まってみると何だか歯車が噛み合わない、歯がゆさだけが残るシーズン前半という感じです。
まだまだだって言っても実際は70試合、もうシーズンの半分が過ぎてしまっています。
何が原因で阪神が浮上してこないのか…。

原因はチーム編成を考える裏方さんたちというのもありますが、それはさておき現場レベルで考えると「過保護な選手の扱い」にあると思います。

7/1のヤクルト戦でブラゼルがデッドボールでベンチに引き下がりました。
ストレートが頭部へ直撃、もしくは自打球が足に当たって退場というのはわからなくもないのですが、今回は緩い変化球のスッポ抜けでした。そのボールは肘当てに当たったようにも見えたのですが、トレーナーなどのスタッフが4人くらい出てきてそのまま選手交代。
ここに阪神の弱さが垣間見えました。
よくあるのはデッドーボールになった後、チームのスタッフが選手のもとへ走って行くも、「大丈夫大丈夫」とスタッフを遮り1塁へ向かうというイメージです。金本もそうです。大抵の選手はそうするはずです。

「そんなんでベンチに下がるならそのポジション俺にくれよ」
そう思った選手もいたはずです。
痛いのはわかりますが、もう少しレギュラーを張っているというプライドもブラゼルには持ってほしいなとも思いました。

ベテランクラスの選手の多く個性的な選手も多いチームですが、こういう選手たちを任される首脳陣にはこの選手たちに対しても台頭、もしくは上から物を言える信念を持った人間が必要だと思います。
「頼むからこうしてくれないか」ではなく「こうしろ」と言える人、でもただ単に「こうしろ」と言う裏にはちゃんとした理由も伴っているというのが条件ですが(-_-;)
和田監督が「何とかオールスターまでに5割に戻すようにがんばっていこう!!」とミーティングで話したそうですが、そこにはちゃんとした理論があるのでしょうか…。

やるのは選手ですが扱うのは首脳陣です。





注目商材一覧(^_-)-☆

OL女子に大人気のデトックスティー


アジア初の公式ドメイン登録サービス


飲食店、美容院などのホームページ作成が1050円で簡単に!


公式オンラインサッカーショップ


足のむくみ・冷え・朝スッキリしたい方


腕時計・雑貨のe-mix


ゴールドジム公式通販


エンターテイメントに関するものなら!!


写真・イラスト・動画素材販売サイト


輸入犬用品・雑貨の店


お得なメルマガ登録キャンペーン


ネイルコスメティックブランド


人気ママモデルのおすすめ商品


選べるインク福袋2980円!送料無料/ポイント10倍


新しいクルマの使い方を“シェア”するカーライフ


先様に必ず喜ばれる贈り物


便利なウォーターサーバー!500mlあたり45円!6.2リットルの軽量!


ニッスイ「時しらず鮭」缶詰


ハワイの楽しさをたっぷりお届け!


面倒なカビ掃除はこれっきり!
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
taniyan261
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1978/01/04
職業:
会社員
趣味:
プロ野球観戦 音楽鑑賞
自己紹介:
こんにちは。訪問ありがとうございます。
東京出身(23区外)東京育ち(23区外)埼玉県在住の30代の男です。

ブログや商材紹介など、いろいろと更新してきます(^◇^)
ぜひぜひごひいきに(^_^)/
コガネモチ
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]